HOME > サービス情報
増渕塗装店PR

サービス情報

外壁塗装

塗装工事を先延ばしすることで、家中に風雨の被害が拡散し、結果工事費用が膨らんだということは大変よくあります。
毎回の工事費用を抑え、ご自宅の財産価値を末永く維持するためにも、10年前後を目安とした塗装工事をおすすめします。

■外壁塗装に使用される塗料の種類
外壁塗装の塗料は、特殊な物を除いて、大きく分けるとアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などが一般的ですが、水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料などがあり一般の方には、すぐにはなじめないほど多くの種類があります。
近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。

屋根塗装

屋根は、直接雨や紫外線の影響を受ける過酷な環境下にあるため、外壁よりもより痛みが激しくなりやすい箇所でもあります。
塗替えるにあたっては、まずご自宅の屋根材の種類や状態を知っておく事が大切です。

■屋根塗料の種類
屋根は、直接雨や紫外線の影響を受ける過酷な環境下にあるため、外壁と同じグレードの塗料を使用したとしても、劣化の進行は早くなります。
外壁と一緒に塗り替える場合は、外壁の塗料よりも高めのグレードを選ぶ方が良いでしょう。

■話題の遮熱系塗料
外壁の遮熱塗料同様、塗るだけで遮熱効果が得られ、冷暖房などの光熱費削減に繋がります。 屋根の遮熱塗装は、本来のシリコンやフッ素と比べ、費用対効果にすぐれていると言えますので、ますます主流化されて行く事は間違いないでしょう。

外構鉄部塗装

写真 錆びは勿論腐食している場合もあり、危険です。
こういう状態を見つけたら早めの対処をオススメします。
鉄部の錆止めをする方法はメッキと塗装の2通りあります。 どちらも表面コーティングをして空気に触れ鉄が酸化するのを防いでいるだけです。 メッキは工場で行うもので、住宅の鉄部のように現場で施工するには塗装が唯一の錆止め方法です。 錆を放置しておくと見た目も汚く、やがて鉄の強度がなくなり崩壊します。 最近の錆止め塗料の性能は飛躍的に向上してきています。

木部塗装

木部塗装は塗料や施工方法により、以下の種類があります。
木目を活かした塗装、木を虫や腐敗から守る塗装、木目を隠しきれいに仕上る塗装、環境にやさしい塗料で仕上る塗装。